スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

事業仕分け 民間橋渡しで年100億円…医薬基盤研、天下り財団と癒着(産経新聞)

 独立行政法人(独法)を対象にした「事業仕分け第2弾」の3日目となる27日、民間の医薬品開発を支援する「医薬基盤研究所」(基盤研、大阪府茨木市)にメスが入った。天下り法人との癒着や契約の不透明さが明らかになり、仕分け人は「納得できない」と指摘した。

 「密接に協力しているのはどういうわけか」。仕分け人の土居丈朗・慶応大教授は、財団法人「ヒューマンサイエンス振興財団」と基盤研の関係に切り込んだ。基盤研は、がん研究などに使う培養細胞株などの生物資源を財団に無償で提供。財団は、他の研究機関に有償で譲渡している。

 財団の役員40人のうち、6人が基盤研を所管する厚生労働省の出身者。しかも、基盤研は赤字にもかかわらず、財団は毎年約1500万円の黒字を計上している。基盤研には毎年約100億円の国費が流れており、仕分け人は「財団に利益が上がる仕組みはおかしい」と指摘した。

 これに対し、基盤研は「これはやめるべきだと決めている。財団を経由しない方法を計画している」と癒着関係を認めたが、「私たちの前身の団体がやっていたこと」と、原因については無責任ととれる発言もあった。

 また、自前の研究者がいない財団自体にもにも、研究開発費用として約10億円の国費が流れており、これについても議論が沸騰した。

 仕分け人は「理解できない。財団はほぼ何もやっていない。意味のない組織だ」と批判。公益法人が対象となる5月下旬の事業仕分け第2弾の後半で取り上げる方針を決めた。さらに、基盤研そのものの存在についても、なぜ民間への“橋渡し”をする機関が必要なのかという根本的な議論もあった。

 仕分け人からは「製薬業界がビジネスとしてやっており、民間に移管するべきだ」との声も上がったが、基盤研は「小さな研究所だが、民間でも大学でもできないものもある」と反論。主張は平行線をたどった。

【関連記事】
UR賃貸事業は「縮減」 JAXAiは廃止 事業仕分け2日目
ニコニコ生放送、“事業仕分け”中継を会員以外にも開放
仕分け人、科学批判を封印「われわれも研究を重視」「すばらしさ分かります」
「民主党に仕分けする資格なし」内田裕也さんが再び来場
事業仕分け 理研、職員妻に月給50万円 枝野担当相「言い訳ばかり!」
「裸の王様」次に座るのは…

大正大学で「さくらそうフェア」 豊島区(産経新聞)
<訃報>田村大三さん97歳=「指笛音楽」創始者(毎日新聞)
<普天間移設問題>鳩山首相、「職を賭す」 沖縄訪問に意欲(毎日新聞)
放鳥トキ、また卵捨てる=ふ化の可能性は残る-環境省(時事通信)
JR脱線5年 追悼慰霊式(産経新聞)

徳之島3町長との会談に意欲=平野官房長官(時事通信)

 平野博文官房長官は21日午前の記者会見で、米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)のヘリ部隊の移転先として政府が検討する鹿児島県・徳之島の3町長との会談について「そういう機会があれば、お会いして説明する」と述べ、実現に意欲を示した。平野長官は20日に、滝野欣弥官房副長官を通じ3町長に会談を要請したが、拒否されていた。 

【関連ニュース】
増税なしでデフレ脱却、財政再建は可能~みんなの党・渡辺喜美代表インタビュー~
なれ合い政治から脱却を~自民党・園田幹事長代理インタビュー~
自民の歴史的役割終わった~自民・舛添要一前厚生労働相インタビュー~
社会保障改革に立ちはだかる「既得権益層」
政界再編含み 政局は五月「最大のヤマ場」へ

おじさん犬 警察犬試験に挑戦3度目 実はあがり性(毎日新聞)
「プロが選んだ 自分が入りたい保険ランキング」2年連続 第1位を獲得
「最後の映像、使命感の結晶」=村本さん葬儀に500人-東京(時事通信)
<訃報>宍戸隆典さん94歳=元陸将(毎日新聞)
対馬軍事化時代の証し、戦時中の陸軍標石確認(読売新聞)

消費税論争勃発 民主執行部のバラマキ路線牽制(産経新聞)

 議論の発端は13日付の産経新聞のインタビューだった。仙谷氏は、消費税率引き上げの是非について、「論理的な考え方はかなり限られている」と指摘した上で、中期財政フレームで税率引き上げ明記を検討する考えを示した。

 仙谷、菅両氏の念頭にあるのは、すでに政府・民主党合同の企画委員会で始まったマニフェスト議論だ。党側からは3カ月後に迫った参院選を意識し、子ども手当など多額の財政出動を伴う政策を数多く盛り込んだ衆院選マニフェストの堅持を求める意見が噴出している。

 小沢一郎幹事長は12日の記者会見で「半年前の国民との約束を変えるという方が変だ」と強調。高嶋良充筆頭副幹事長も13日、「(消費税の議論は)参院選にとって民主党に非常にマイナスになる」と仙谷氏らの発言に苦言を呈した。そこには「バラマキこそが票になる」という昔ながらの考えが見え隠れする。

 これに対し、菅氏は「マニフェストには『入り(歳入)』と『出(歳出)』の両方が入っている。『出』だけ約束して『入り』は約束されていないわけではない」と仙谷氏を援護した。

 ここで見逃せないのは、財源論が、政府・民主党内で本格的な論争の域に発展している事実だ。責任政党として当たり前の話だが、政権獲得後の民主党では増税を含む財政論が浮上しても選挙への悪影響を懸念する声にかき消された。

 だが、もはや野党ではない。岐阜県連など地方組織からも、選挙対策を最優先に掲げる小沢氏に批判の声が上がり始めた。仙谷氏はこのような動きにも「現場の声は『弁解よりも前向きに行ける体制を作ってくれ』だ。僕もそう感じる」と理解を示す。

 政府と党の対立に神経をとがらせる平野博文官房長官は13日の記者会見で「そういう議論は時期尚早だ」と述べ、さっそく火消しに走り出した。

 とはいえ、内閣支持率は一部世論調査で20%台に下落し、「危険水域」に突入した。米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の移設問題の迷走もあり、政府・与党内では「ポスト鳩山」がささやかれ始めた。

 仙谷、菅両氏も有力候補であることは間違いない。仙谷氏は産経新聞のインタビューで首相への意欲を「(衆院議員の任期満了となる)3年半後は引退しているよ」と冗談っぽく否定した。それならば、あえて小沢執行部に論争を仕掛ける真意はどこにあるのか。(比護義則)

【関連記事】
鳩山政権が増税路線に転換? 財務省の思惑チラリ
仙谷国家戦略担当相 「次期衆院選で消費税アップ掲げる」
政府・民主のマニフェスト作成 定まらぬ基本路線 首相指示書にダメ出しの珍事
「消費税10%へ段階的引き上げ必要」御手洗経団連会長
平沼新党 参院選10議席目標 消費税10%方針
外国人地方参政権問題に一石

次代に伝える刑事魂 元警視庁捜査1課長、久保正行さんが本出版(産経新聞)
首相動静(4月15日)(時事通信)
中国潜水艦、沖縄沖を通過=公海で艦船7、8隻も-北沢防衛相(時事通信)
切手7530円分着服、書記官を免職=横領容疑で告発も-岐阜地裁(時事通信)
決起せよ、団塊政治家(産経新聞)

「諸般の事情に鑑み」お役所言葉改めます(読売新聞)

 宮城県登米市は、市民向けの文書に使ってきた、堅苦しくて押しつけがましい行政特有の言い回しを改め、分かりやすい表現を使い始めた。

 あいまいな表現の典型例「前向きに検討します」はできるだけ使わないようにするなど、改善の手引を作り、市職員に徹底している。

 布施孝尚市長は、歯科医師として勤務していた頃、医学用語を交えた説明を受けてとまどう患者を見てきた体験から、市の文書で、「私が見て分かりにくい表現はやめるように」と指示。他県の改善例を参考に、昨秋から庁内で試験的に実施してきた。

 例えば、「周知徹底されたい」は「皆さんにお知らせしてください」。堅苦しい「諸般の事情に鑑(かんが)み」は「様々な事情を考えて」に改める。法令用語やカタカナ語は分かりやすい言葉に言い換えるよう一覧表も作った。

 布施市長は「お役所言葉は取っ付きにくく、市民との距離が離れてしまう」と話し、庁内文書もできるだけ分かりやすい表現に努めることにしている。

東京湾に接岸中の船から出火(産経新聞)
<海洋観測船>二酸化炭素濃度に異常値 原因は装置の不具合(毎日新聞)
<将棋>マイナビ女子オープン 11日の結果(毎日新聞)
名張毒ぶどう酒事件 惨劇の公民館すでに撤去(毎日新聞)
阿久根市の免職訴訟できょう判決=給与張り紙はがし-鹿児島地裁(時事通信)

沖縄戦の展示内容を再検討 抗議殺到で歴博 千葉(産経新聞)

 国立歴史民俗博物館(千葉県佐倉市)は7日、同館の第6展示室「現代」で3月16日から開催されている現代史をテーマとした新常設展示について、沖縄戦の解説文の記述内容に沖縄県の市民団体から抗議が寄せられたとして、展示内容を再検討する委員会を18日に開催することを明らかにした。

 同館の展示内容をめぐっては、沖縄戦の解説文で、「集団自決」の部分に旧日本軍の関与を示す記述がなかったことに同県の市民団体などが反発。抗議文書を同館に提出したほか、同県選出の瑞慶覧長敏(ずけらん・ちょうびん)衆院議員と糸数慶子参院議員も先月展示を視察し、軍の関与を認める記述に変更するよう、要望していた。

 同館は「あまりにも反応が多く、このままにしておくわけにもいかない。記述内容を変更せざるを得ない可能性が高い」としている。

自民候補推薦、撤回の意向=原中新会長が会見-日医(時事通信)
「介護保険の公費60%に」―市民団体が厚労相に要望書(医療介護CBニュース)
<転落>弟が海に 助けに飛び込んだ小5男児死亡 佐賀(毎日新聞)
<訃報>吉田勝二さん78歳=長崎原爆の語り部(毎日新聞)
<火災>民家全焼、男女2遺体見つかる 長野・佐久穂(毎日新聞)
プロフィール

うすだてるおさん

Author:うすだてるおさん
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。